にてる!
[2ちゃんねる(.sc)] 身体・健康板
使い方
削除依頼

■■■統合失調症・精神医療の真実■■■

元スレッド: http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/body/1477989644/ [別窓で表示]

最終更新日時:2017年04月21日10時23分46秒

このスレッドの類似スレッドを表示

オリジナル投稿内容関連情報
2016/11/01 [AD]マウスコンピューター
1 : バレても言い張るストレス病気[] : 2016/11/01 17:40:44 : [ID:S6MNCwU+G]

■精神医療において、統合失調症やうつ病や不眠症などと名付けられているものには、なんと科学的な根拠や定義そのものが存在しません。
科学的根拠や原因、それらを医科学的な検査で証明することができないことはおろか科学的な定義さえ存在しないものに、口頭の問診だけでどの
薬が有効か判断されるのです。もちろん、症状がおさまった(実際には「ある干渉」が止まっただけ)ことと、薬の効果との科学的な相関関係を
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
2 : バレても言い張るストレス病気[] : 2016/11/01 17:41:57 : [ID:S6MNCwU+G]

■阪本健二・志貴春彦・笠原嘉訳,『ひき裂かれた自己』,みすず書房,304p. ASIN: B000JA223Y 1500 [amazon]→ISBN-10:4622023423
ISBN-13: 978-4622023425 2940 [amazon] m.

「分裂病という状態など存在しはしないのです。分裂病というレッテルを貼られることは一つの社会的事実であり、この社会的事実とは一つの
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内2 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
2016/11/03 [AD]ゲームパソコンブランド「G-Tune」
3 : 科学的根拠のない精神医療の真実[] : 2016/11/03 16:35:22 : [ID:JSDKCS/4z]

■小澤 勲 19750325 『呪縛と陥穽――精神科医の現認報告』,田畑書店,201p. 1100 ASIN: B000J9VTT8 [amazon] ※ m.

 「精神病質概念が、その本質において価値的、階級的、政治的概念である(このことは疑いもなく真実である!)が故に医学的概念ではないとい
う論法をもってすれば、たとえば精神分裂病概念もまた医学的概念ではないのである。問題は医学的概念であるか、ないかではなく、事実、医学的
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/11/06 [AD]オンキヨーダイレクト
4 : 科学的根拠のない精神医療の真実[] : 2016/11/06 13:24:54 : [ID:yMnlpTFXy]

 なぜにかかる非論理が論理としてコンセンサスを得るにいたるのであろうか。それは、上の文脈を逆にたどればよいのだろう。つまり、まず「ある
一群の人間を人間以下の生物に転落させる必要性」が「社会的要請」として存在し、「必要性」を「必然性」にすりかえるために「生物学的過程」
が要請され、かかる要請を基盤にその要請を証明するべく、ある一群の人間にスティグマが「発見」されるという手順である。[…]
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/11/08 [AD]【G-Tune】
5 : 電磁波犯罪と精神医療の真実[] : 2016/11/08 18:26:36 : [ID:vAEbqxMUd]
(非表示 by 2tell.biz)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 3回中 / 全投稿数:3
他スレッド
  • なし
6 : 電磁波犯罪と精神医療の真実[] : 2016/11/08 21:41:49 : [ID:vAEbqxMUd]

■障害をつくり出す、精神医学・精神医療
//jp.cchr.org/cchr-reports/inventing-disorders/introduction.html

 米国精神医学会(APA)の 精神障害の診断と統計の手引き(DSM)や世界保健機構の国際疾病分類表(ICD)の精神障害のセクションに374の精神
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内2 / 3回中 / 全投稿数:3
他スレッド
  • なし
7 : 電磁波犯罪と精神医療の真実[] : 2016/11/08 22:15:41 : [ID:vAEbqxMUd]

 2004年6月、ニュージーランドにあるオークランド大学心理学部門の古参講師であるジョン・リードがこう記述しています。
「次々にたくさんの問題が、『障害』や『病気』と再定義され、それらは恐らく遺伝的傾向や生化学的な不均衡を原因としているとされてきた。
人生で起こる出来事は、潜在する生物学的時限爆弾に対する単なる引き金にまでおとしめられた。とても悲しい気分がすると、「抑うつ障害」
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内3 / 3回中 / 全投稿数:3
他スレッド
  • なし
2016/11/09 [AD]
8 : 電磁波犯罪と精神医療の真実[] : 2016/11/09 21:09:39 : [ID:gvfP9cdQx]

■統合失調症の古典的ドーパミン仮説の登場
ps://bsd.neuroinf.jp/wiki/%E3%83%89%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%9F%E3%83%B3%E4%BB%AE%E8%AA%AC%EF%BC%88%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%
BF%E7%97%87%EF%BC%89
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/11/10 [AD]BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター
9 : 電磁波犯罪と精神医療の真実[] : 2016/11/10 01:13:50 : [ID:7+U2QtKAp]

■The effect of pulsed electromagnetic radiation from mobile phone on the levels of monoamine neurotransmitters in four different areas
 of rat brain.
脳の4つの異なる部位のモノアミン神経伝達物質の水準における携帯電話からのパルス電磁放射の影響
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/11/22 [AD][Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
10 : 病弱名無しさん[] : 2016/11/22 18:10:01 : [ID:Fvs6K5hhU]

■「クロスカレント」電磁波・複合被曝の恐怖
  ロバート・O・ベッカー(ノーベル医学・生理学賞候補、ニューヨーク州立大学及び同州医療センタールイジアナ州立大医療センター
正教授・医学博士)
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
11 : 病弱名無しさん[] : 2016/11/22 18:15:34 : [ID:Fvs6K5hhU]

 ニューヨーク州公州衛生局のジョナサン・ウォルポー博士は、同様の電磁波照射のもとで、脳の機能に注目した。彼は、サルの脊髄液中の神経ホルモ
ンの量を測定した。あらかじめサルたちは、3週間照射を受けている。彼は、照射直後から神経ホルモンの中でもセロトニン(消化管や血清、脳内など
に存在し内臓をとりまく平滑筋を収縮させる。)とドーパミン(生体内に広く分布する化学伝達物質でアドレナリン受容体に作用し血圧上昇などをもた
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内2 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
2016/12/03 [AD]マウスコンピューター
12 : 集団ストーカー電磁波精神医療のコンボ[] : 2016/12/03 20:10:59 : [ID:WhR7Cr/7U]

バテル研究の衝撃

 この研究が最後に出した結論は、さまざまな論議を呼び起こした。バテル研究所は電磁波照射で、なんら有害性のデータは得られなかった、と主張
したのである。しかし、多くの批判が寄せられた。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/12/07 [AD]【G-Tune】
13 : 病弱名無しさん[] : 2016/12/07 18:30:09 : [ID:+0LWO0g0X]
(非表示 by 2tell.biz)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/12/17 [AD]マウスコンピューター
14 : 病弱名無しさん[] : 2016/12/17 23:30:24 : [ID:S5m2gAuxb]

神経細胞からカルシウムイオンが放出

  それはともかく、この発熱の問題は、海軍のサングイン研究(前頁136頁参照)の結果が公にされるや、問題はより深刻となった。電磁波放出中のエネルギー
は周波数に比例し、45ヘルツ、60ヘルツ、あるいは75ヘルツという低周波では、いかなる「熱効果」も起こり得るはずがない。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2016/12/23 [AD]マウスコンピューター
15 : 病弱名無しさん[] : 2016/12/23 15:36:41 : [ID:01HbDzO3T]

ロウマ・リンダ大学のスーザン・バーウィンとW・ロス・アーディ。この二人の医師の研究が、この状況にひとつの指針を与えてくれる。
  1976年、二人は培養基の中の生きている神経細胞に16ヘルツの電磁波を当ててみた結果、細胞から相当量のカルシウムイオン(Ca++)の放出を観察した、
と報告した。他のいくつかの研究室でも、この結果を追試して同様の結果を得ている。このカルシウムイオンの放出は、実際に超低周波による影響であること が、
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
16 : 病弱名無しさん[] : 2016/12/23 15:42:20 : [ID:01HbDzO3T]

 ロウマ・リンダ大学のスーザン・バーウィンとW・ロス・アーディ。この二人の医師の研究が、この状況にひとつの指針を与えてくれる。
  1976年、二人は培養基の中の生きている神経細胞に16ヘルツの電磁波を当ててみた結果、細胞から相当量のカルシウムイオン(Ca++)の放出を観察
した、と報告した。他のいくつかの研究室でも、この結果を追試して同様の結果を得ている。このカルシウムイオンの放出は、実際に超低周波による影響であ
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内2 / 2回中 / 全投稿数:2
他スレッド
  • なし
2016/12/30 [AD]BTOパソコン・PC通販ショップのマウスコンピューター
17 : 病弱名無しさん[] : 2016/12/30 20:36:37 : [ID:yXz2t6e/9]

核磁気共鳴現象

  核磁気共鳴は、今日では医療での診断機器として良く知られている。これらの機器は「磁気共鳴イメージング」(CTスキャナー)あるいは「MRI」
と呼ばれる。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/01/06 [AD][Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
18 : 病弱名無しさん[] : 2017/01/06 21:06:28 : [ID:Pd7IRIHZ2]

核磁気共鳴のような複雑な共鳴の特徴は、その電磁波のエネルギーがすべての体細胞の間に拡散するのではなく、(ある原子の核のような)ひとつの物理的対象
に集中している点である。
  1985年、米環境保護局(EPA)のカール・ブラックマン博士とオークランンド大学のアブラハム・リボフ博士は別々に研究し、ジャファー・アジル博士と
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/01/22 [AD]
19 : 病弱名無しさん[] : 2017/01/22 17:33:58 : [ID:JLAlG0tkd]

保守
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/02/01 [AD]
20 : 病弱名無しさん[] : 2017/02/01 03:26:51 : [ID:GYk9cTAht]

保守
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/02/14 [AD]BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune
21 : 電磁波と血液脳関門の変化とアトピー[] : 2017/02/14 17:25:33 : [ID:x5WPmr+93]

>>18
つづき

実験が証明した恐るべき事実
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/02/18 [AD]ハイレゾオーディオならオンキヨーダイレクト
22 : 病弱名無しさん[] : 2017/02/18 21:13:08 : [ID:5KlUfpn1b]

トーマスと、彼の同僚は次のような予想をたてていた。正常に存在するリチウム・イオンへの「サイクロトロン共鳴」効果は、このイオンのエネルギーレベルを
引き上げるだろう。そして、医学的なリチウム投与と同じ効果を生み出すのではないか。従って、電磁波を当てられたラットは、コントロール群のラットより 、
落ち込んだ行動を示すに違いない。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/02/24 [AD]BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune
23 : バレても言い張るオカルト妄想[] : 2017/02/24 20:54:08 : [ID:A8EeOo1Kn]

 この理論は、ここで議論するにはあまりに複雑な形で発展してきた。この理論に幾つかの批判も生じているが、枝葉末節をとらえたもので、この概念全体の
偉大な価値を揺るがすものではない。この理論は、その他の複雑なタイプの共鳴現象が、同じように重要な生物学的影響を与えない、と言っているのではない。
たとえば、核磁気共鳴や電子の常磁気共鳴がそれである。これらも、おそらく、同じ生物学的影響を与えているはずだ。ただ、現時点では、十分に研究されてい
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/03/04 [AD]マウスコンピューター
24 : 病弱名無しさん[] : 2017/03/04 17:16:47 : [ID:r28dbN6xc]

この理論は、生き物と正常な地磁気環境との間の基本的関係についてもあてはまるようである。1984年、私はつぎのような問題提起をした。自然な定常磁場と
地表微弱超低周波の周波数との間に発生する共鳴は、細胞分裂の時間的メカニズムに影響を与えるのではなかろうか。
  「共鳴理論」は、出力ではなく周波数に基づいているために、消えるほど微弱な電磁波からの影響も認めていた。たとえば、1978年、ソ連のクリミア医学研
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/03/16 [AD]BTOパソコン・PC通販ショップのG-Tune
25 : 病弱名無しさん[] : 2017/03/16 21:49:22 : [ID:9/y4eLDG1]

生物学的共鳴とその働き

(中略)MRI(核磁気共鳴映像装置)は、サイクロトロン共鳴と同じ原理に基づいている。サイクロトロン共鳴は定常磁場と荷電した分子や原子
を活性化する振動電場のふたつを必要とする。これに対して核磁気共鳴現象は非常に似ているが原子核が共鳴するところが別である。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/03/23 [AD][Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル>
26 : 病弱名無しさん[] : 2017/03/23 00:25:14 : [ID:TBDUXEkYu]

 理論上では、あらゆるタイプの共鳴が、同じように使うことができる。電磁波がうまく組みあわされて、エネルギーが体の特定臓器に伝達された
なら共鳴状態は生み出せる。それから、電磁波のスイッチを切り替えると活性化した臓器は、電磁波の形でエネルギーを放出するので、それを適当
な装置で映像として読み取 ればいいのである。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/03/30 [AD]ハイレゾオーディオならオンキヨーダイレクト
27 : 病弱名無しさん[] : 2017/03/30 16:42:10 : [ID:gR3c17OMi]

電磁波と細胞分裂

  もしも、細胞分裂が有糸分裂(動物の細胞などで紡錘体の介在によっておこなわれる細胞分裂のこと。植物の場合などは核がモチを引き延ばし
たような格好で分裂するので無糸分裂という。)のときに、磁波に影響を受け、そして地磁気の自然なある共鳴効果に影響を受けるとしたらどうだ
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/04/08 [AD]マウスコンピューター
28 : 病弱名無しさん[] : 2017/04/08 15:04:33 : [ID:UgxXlO2f1]

アブラハム・リボフ博士は、世界で最初にこれらのプロセスが細胞への超低周波電磁波照射で、スピードアップされることを発見した。実際の
細胞分裂は複雑ではあるが、2,3分で終わってしまう。有糸分裂は、このサイクルの最終段階である。この段階だけが、顕微鏡で見ることがで
きる。同じ過程が、体内と培養基の中の細胞で起こり得る。
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし
2017/04/20 [AD]ハイレゾオーディオならオンキヨーダイレクト
29 : 病弱名無しさん[] : 2017/04/20 21:00:04 : [ID:SNhvApojj]

 カリフォルニア大学バークレイ校のマーチン・ポーニイ博士は、最近、有糸分裂の分裂後期に細胞内でカルシウムイオンに大きな変化が起こること
を指摘した。考えられることとしては、電磁波照射はサイクロトロン共鳴効果によって、この分離プロセスを阻害するということだ。
  また、同様に有糸分裂の間に形成された複雑な構造体のいくつかは、独自の磁気特性を帯びていることも有り得る。すべての物質は、ある程度
(省略されました...元投稿を確認する)
[スコア:(未選択)]
スレッド内1 / 1回中 / 全投稿数:1
他スレッド
  • なし

http://2tell.biz/ Copyright © 2015-, 2TELL制作委員会. All Rights Reserved.